おりものの臭いの悩み

他人は言えない体の悩みの1つがおりものの臭いです。

 

おりものは膣内や子宮頸管などの分泌液で、細菌の繁殖を防いだり、精子が卵子にスムーズに受精するためのサポートが主な役割です。

 

正常な体の女性であれば、定期的に分泌されますが、さまざまな影響を受けやすく臭いを発しやすい性質があります。

 

 

おりものの臭いの原因

少し酸っぱい臭いがするのは正常ですが、おりものが生臭かったり、腐敗臭のような嫌な臭いがする時は、以下のような原因があります。

 

・雑菌の繁殖
・汗や腐敗物の混じり合い
・ストレスなどホルモンバランスの乱れ

 

デリケートゾーンは汗だけでなく、残尿や生理時の出血など、雑菌が繁殖するには十分な栄養があります。また、高温多湿なので、雑菌にとっては非常に心地よい環境なのです。

 

おりものは子宮内膜から子宮頸管をとおり、膣内へ分泌されますが、実は膣内には「自浄機能」があり、善玉菌が細菌や雑菌の繁殖を抑えてくれる機能があります。

 

しかし、菌のバランスが崩れ、臭いのもとになる悪玉菌が増えてしまったりデリケートゾーンの誤った洗い方、ストレスなどにより、膣内環境が乱れてしまうことで、嫌な臭いとなってしまいます。

 

 

おりものの臭い解消法

臭いを解消するには、雑菌が繁殖しないよう洗浄しつつ膣内環境を整えて、自浄機能を高めてあげることが大切です。

 

そのため、デリケートゾーン専用のソープで必要な善玉菌を残しつつ、清潔にすることをオススメします。

 

保湿や美容成分、黒ずみを改善する成分も含まれている商品もあり、トータルケアできる効果も見込めます。

 

効果があり人気のデリケートゾーン専用ソープをランキングでご紹介します。

 

おりものの臭い解消|人気おすすめ石鹸ランキング

シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディ ジャムウソープはインドネシアを原産とするジャムウをメイン成分として含んでおり、これらがおりもののにおいの解消に役立ちます。

 

ムダ毛処理後の跡や黒ずみ、におい、肌の引き締めに悩みを抱える女性は多いでしょう。これらの女性の悩みにジャムウは効果的なのです。

 

また、消臭効果だけでなく、ローズの香りで使い終わりも爽快感があります。

 

ジャムウと天然植物由来の素材、さらに3種類の香り成分を加えることにより美しく輝きのある肌へと導くことができます。

 

これひとつですべてのお悩みに対応でき、使いやすいデリケート専用石鹸となっています。

 

 

 

価格 容量 評価
1,955円
(泡たてパフ付き)
100g(約1ヶ月分) おりもの,臭い

ピーチジョン

ピーチジョンは、汚れを浮かせることで黒ずみを抑制したり、おりものなどのデリケートゾーンのにおいに対し効果を示すウォッシュオイルです。

 

国産の無農薬素材にこだわった、99.8%自然素材でできた商品で、日本人の女性に合うように構成された成分でつくられています。

 

不要な老廃物を取り除き、清潔にデリケートゾーンを保つことができ、黒ずみの解消にも効果的に働きます。

 

さらには、ダマスクローズにモモやカーネーション、カリンの香りを加えることで、爽やかで若さあふれる女性の優美な香りとなっています。

 

合成シリコンや合成染料、着色料、遺伝子組み換え原料も一切使用しておらず、こだわりぬいた天然素材で作られており、毎日安心してお使いいただけます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 3,150円
(1回のみ解約OK)
100ml(約2ヶ月分) おりもの,臭い

クリアネオパール

デリケートゾーンのおりものなどのにおいの軽減だけでなく、からだのあらゆるにおいに対して効果的に働くのがクリアネオパールです。

 

ヒアルロン酸の約300%もの潤い作用があるとされる、希少価値の高いサクランを豊富に含んでいます。このような商品は他にそうないでしょう。

 

においを解消するためには保湿は欠かせません。これはデリケートゾーンだけに言えることではなく、うるおいを保持するという点で非常に優れた商品となっています。

 

安心してお使いいただけるよう、第三者機関によるアレルギー試験や刺激性試験も通過しています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 2,980円
(1回のみ解約OK)
300ml おりもの,臭い

イビサソープ

イビサソープは汗や月経時の血液、おりものなどデリケートゾーンのにおいを解消する商品で、薬用の医薬部外品です。

 

2種類の薬用成分が主な成分として配合されており、においの元となる菌を殺菌します。

 

またにおいを解消するだけでなく、5種類のビタミンも含まれているので肌の代謝を整え、うるおいを保ち、コラーゲンの生成を助ける働きも期待されます。

 

一切添加物を使用していないため、敏感肌の方でも安心してお使いいただくことができます。

 

使用方法も簡単です。泡のまま出てくるため、わざわざ泡を立てる手間もなく、ほんの2、3プッシュした泡をそのまま乗せるだけでお手入れが簡単にできます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 3,470円 140ml おりもの,臭い

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュはヨーロッパでは非常に有名なオーガニック認証COSMOS基準を日本国内で初めて合格したデリケートゾーン専用の石鹸です。優れた消臭効果を持っています。

 

肌の乾燥はにおいを生じる原因となります。そこに焦点を当て、うるおいを保持する成分を贅沢に含有し、このソープで洗浄することでうるおいを維持しながら黒ずみに対しても効果的に働くことが期待されます。

 

使い方も単純明快で、濡れた手に2、3回プッシュし、よく泡立てて洗浄するだけです。

 

全身のにおいが気になるあらゆる部分にお使いいただけ、自然由来の美容成分も豊富に含まれているため使い心地も優しくなっています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 3,980円 150ml おりもの,臭い

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープは濃厚な植物由来の抽出液により、気になる脇やデリケートゾーンの黒ずみやにおい、角質に効果を示します。

 

古くからインドネシアで重宝されている自然ハーブを素材として、日本人の女性に合うようにオリジナルに配合しています。これが高い消臭力の鍵となっているのです。

 

通常の石鹸と異なり、すべて人の手によって機械を使わずにつくられ、効果を高く維持したまま製造しております。

 

天然素材を使用しているため、デリケートゾーンだけでなく全身にお使いいただけ、敏感肌の方にも安心してご利用いただける石鹸となっています。

 

 

 

価格 容量 評価
1,895円
(泡たてネット付き)
64g おりもの,臭い

ロンタルハーバルジェルソープ

間違った自己流のお手入れはおりものや脇のにおい、デリケートゾーンの黒ずみを引き起こしてしまいます。

 

このような女性の悩みを解消するのに適した薬用の石鹸がロンタルハーバルジェルソープです。

 

含有成分にジャムウや柿タンニン、ミョウバンを豊富に含み、これらが嫌なにおいだけでなく、黒ずみにも効果的に作用します。

 

肌に合わせた弱酸性の製品であり、まさしく洗浄もできる美容ジェルといえます。

 

 

 

価格 容量 評価
4,590円 (2本セット)
(泡たてネット付き)
156g (1本) おりもの,臭い

コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸は抗菌効果のある薬用石鹸です。ラインナップとして液体石鹸も揃えております。

 

デリケートゾーンのおりものや脇の汗などの嫌なにおいに対してにおいを軽減する作用があり、雑菌や汚れ、においを取り除く効果が期待されています。

 

肌に雑菌などがついたまま、真菌であるカビが繁殖してしまうと、これがにおいの原因となります。コラージュフルフル泡石鹸はこのような雑菌の増殖を抑制し、真菌を洗い流します。

 

小さな赤ちゃんからご高齢の方まで幅広く、また全身にお使いいただけます。もちろん、顔を洗ったりすることも可能です。日常の色々な場面で活用できる商品となっています。

 

 

 

価格 容量 評価
2,300円 300ml おりもの,臭い

愛肌ソープ

愛肌ソープはデリケートゾーンのくすみやおりものなどのにおいの解消に効果を示します。

 

自然のハーブを30種類も豊富に配合しており、低刺激なのでお肌が敏感な方にも安心してお使いいただけます。

 

フローラルローズの上品で魅力的な香りを肌に纏わせてくれます。

 

 

 

価格 容量 評価
1,980円 80g おりもの,臭い

10

シェリーケア

おりもののにおいなど、多くの女性の抱えるデリケートゾーンのにおいのお手入れに効果的な商品がシェリーケアです。またにおいを軽減するだけでなく、肌の状態も良くします。

 

肌を保護するカミツレ抽出液やカンゾウ抽出液、肌荒れを防ぎ改善するように働くコンフリー抽出液、肌にうるおいを与えて乾燥を防ぐアロエベラ液汁が含まれており、肌のコンディションを整えます。

 

香りはラベンダーとマンダリンオレンジの優美で爽やかな香りがします。

 

農薬を一切使用しない国内の提携ハーブ園で育てられた天然材料を使用し、厳しい品質管理のもとで国内製造されており、安心してお使いいただけます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 2,116円 50ml おりもの,臭い

 

 

膣内専用洗浄剤(産婦人科でも定番商品)

インクリア

インクリアは産婦人科医と共同で開発された専門の医療用品です。

 

デリケートゾーンのおりもののにおいに対して高い消臭能力を発揮します。

 

清潔かつ安心して利用できるよう、使い切りでの使用となっています。

 

膣内環境はpH3.8〜4.5と酸性が保たれており、これにより雑菌が増殖するのを防いでいます。

 

インクリアは乳酸を配合することで膣本来のもつ自浄能力を高め、膣内環境の酸性を保持することで、においやにおいの元を排除しています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,800円 50ml(約1ヶ月分) おりもの,臭い

 

 

おりものの臭い解消|人気おすすめ美容液ランキング

デオプラスラボプラチナム

デオプラスラボプラチナムは高い消臭能力で気になるにおいを解消しつつ、男性を魅力的に惹きつけるデオ・パフュームクリームです。

 

含有成分であるイソプロピルメチルフェノールにより、殺菌効果が非常に高く、その除菌率は99.9%という高い数値を示しています。

 

また、柿タンニンも従来品の約40倍配合されています。これにより、高い消臭能力のほか、収れん効果や被膜作用、制汗効果、殺菌能力ももたらされています。

 

おりもののにおいをはじめとし、手足の裏や、バストトップ、脇などの気になるにおいをしっかり元から解消することができます。

 

その効果が高いのはもちろんのこと、見た目もおしゃれで持ち運びに違和感もなく、からだのあらゆる場所にお使いいただけます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,750円 30g(約1ヶ月分) おりもの,臭い

アクアデオ

アクアデオは制汗効果や除菌効果のあるデリケートゾーン専用のクリームです。

 

安全な国内の工場で、成分や生産場所にもこだわって製造されています。

 

8種類の自然成分が配合され、香料は一切使用していません。

 

除菌率99.9%と高い数値が確認されており、満足してご利用いただけると思います。

 

この1本で、デリケートゾーンだけでなく、耳や手足の裏の気になるにおいもひと塗りするだけで解消できます。

 

 

 

価格 容量 評価
定期初回 4,800円 60g(約1ヶ月分) おりもの,臭い

プリンセスアンダー

プリンセスアンダーは、専門医が監修を行うスキンケア大学でも大きく取り上げられた、純国産のデリケートゾーンに特化した消臭効果のある製品で、美容成分も配合されています。また、販売以来、多くのメディアで注目を集めています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、消臭と発汗抑制に対して効果的に作用するだけでなく、柿タンニンをはじめとする自然成分10種類が、肌を優しく保護しながら美容に対しても効果があります。

 

添加物を一切含んでおらず、ダマスクローズの上品な香りが魅力を引き上げてくれます。

 

使用いただいた方の96.7%が満足という、確かな実績を残しています。

 

 

 

価格 容量 評価
定期 4,750円 60g(約1ヶ月分) おりもの,臭い

おりもの役割と基礎知識

女性は成長過程で、様々な変化が体に現れてきます。なかでも特徴的な変化が「おりもの」です。おりものについての情報は生理の情報と比べると、なかなか耳にする機会もあまりなく、その情報量は乏しいといえます。

 

おりものの重要な役割

男の子にも女の子にも思春期はありますが、女の子の思春期は男の子の思春期よりも非常に繊細なものです。それは生理がはじまる頃に、体だけでなく精神的にも変化もおとずれるからです。

 

体に関する変化では、生理やおりものがあり、思春期にはこのような変化が嫌だと感じてしまうこともあるでしょう。特に、おりものについては生理と異なり、おりものがなぜ必要なのかと感じて悩んでしまう女の子もたくさんいます。おりものの独特な質やにおいは汚らしいように感じてしまう女の子も多く、その役割が理解できず、不快な気持ちになり、ストレスを覚えます。

 

おりものと女性のからだ

男性も女性も、私たち人間は「いらないもの」を体の外にだしています。最もわかりやすい例だと、尿や便の排せつがその例です。いらない排せつ物のなかには、体に有害なものもあるため、人間のからだはそれを作り出し、体の外に出す必要があるのです。おりものも、このような排せつ物のひとつです。おりものを構成しているのは、古い細胞や粘膜物質です。このおりものを子宮や膣から排せつ物として体の外にだすことで、膣内の細菌が不要に増えてしまうのを防いでいます。

 

すなわち、不要物としておりものを出すことにより、不要な最近が増えてしまわないように膣内の細菌環境を整えています。膣内の常在菌として有名なのが善玉細菌であるデーデルライン桿菌です。この細菌は重要な細菌であり、悪玉細菌である大腸菌やカンジダ菌が増殖するのを防いでいます。おりものの分泌が、このデーデルライン桿菌が生きるのに最適な膣内環境を整えています。

 

おりものの役割はこれだけに留まらず、排卵期にも重要な役割を果たします。精子が受精するには、膣内に数多く存在する常在菌を越えて卵子まで到達しなければなりません。このときに重要なのがおりもので、おりものによって包まれた精子がこれらの細菌を越えて卵子まで到達し受精することができるのです。

 

おりものが変化する要因

おりものは生理がはじまると分泌されるようになりますが、様々な要因によりおりものの色や性質、においは変化することがあります。

 

年齢とおりものの分泌量

おりものが変化する要因の大きな一つが年齢によるものです。おりものの分泌量や活性は女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンと関係しています。卵胞ホルモンは加齢とともにその分泌量が変化します。また、その活性も生理がはじまる頃に上がり始め、女性のからだができあがる二十歳前後に最も高くなり、加齢とともに下がっていきます。この卵胞ホルモンの分泌量に比例するように、おりものの分泌量も加齢とともに減っていきます。これは卵胞ホルモンの作用がだんだん弱まっていくからです。

 

生理とおりものの性状

おりものは生理周期とも密接に関係しています。生理が終わるとともに分泌量は増え、排卵期に最も多くなるのです。分泌量が多くなると、その性状は粘性が高まります。また体調にも影響を受けやすく、色が黄色がかったり、においが強くなってしまうこともあります。

 

生理後のオリモノの臭い解消

月経期間中のにおいについて悩んでいる女性は多くいます。また、月経が終わった後のおりもののにおいも気になりますよね。

 

生理後のおりもののにおいの要因

通常、おりもののにおいが気になることはあまりないと思いますが、月経後のおりもののにおいは気になる方が多いのではないのでしょうか。これには単純に、「月経」ということが関係しています。

 

月経におけるおりものの変化

おりものの色やにおい、性状は体調の微妙な変化でも変わります。特に、月経はおりものの状態が変化する大きな要因だといえます。膣内環境は月経を境に変化します。月経前はややアルカリ性よりだったものが、月経後には酸性よりになるのです。酸性は、文字通り「酸」なので、お酢などを想像してみてもわかると思いますが、すっぱいにおいです。月経後、膣内環境は酸性に傾いているため、おりもののにおいもすっぱいにおいがします。

 

月経の残存物

月経時には、血液だけでなく様々な物質がおりものとともに分泌されます。月経時に感じる不快なにおいはこれによるもので、通常のおりものよりも強いにおいを感じてしまいます。

 

月経後も、月経時におりものとともに排せつされずに残ってしまった残存物がおりものとともに分泌されてしまうため、月経時に近いような嫌なにおいが残ります。月経時に排せつされるべきだった残存物が月経後もしばらくは排せつされてしまうのです。これはやがて時間がたつとにおいが気にならなくなるでしょう。

 

生理後のおりもののにおい対策

月経後のおりもののにおいは、時間がたつと気にならなくなりますが、このにおいが早くなくなればいいに越したことはないと思います。この月経後の不快なにおいをなるべく早く抑える方法がこちらです。

 

過度な洗いは禁物

月経後のにおいは、月経時の残存物がおりものに混じって出てくることによるため、月経時へのにおい問題の解決方法と同様の対処法になります。

 

一般的にはおりものは水のみで洗浄するのがよいと言われています。しかし、水だけでおりものを洗浄するのでは、少し頼りないように感じるでしょう。だからといって水だけでなく石鹸等を用いて洗浄するのでは逆ににおいを強めてしまう可能性があります。これは石鹸等によって、善玉菌まで殺してしまうからです。善玉菌はにおいの元となる原因菌に働きかけ、原因菌と闘っています。その原因菌と闘う善玉菌までを洗浄し、殺してしまうと、かえってにおいが悪化してしまうかもしれません。

 

したがって、洗浄力の強い石鹸等で過度に洗いすぎるのも避けたほうがよいでしょう。

 

洗浄には専用の洗浄剤や石鹸を

産婦人科では、おりものを洗浄するのに膣洗浄が行われています。この場合には、専用の膣洗浄剤や石鹸が効果的であり、産婦人科の病院等でもこのような専用の膣洗浄剤が使用されていることが多くなっています。専用の膣洗浄剤や石鹸等は、インターネットを通して購入することも可能となっているため、通常の石鹸ではなく、専用の洗浄剤や石鹸を用いておりもののにおいを抑えたほうがよいと思います。

 

専用の石鹸だと、殺菌能力の高い通常の石鹸と異なり、においの原因菌と闘う善玉菌を殺さずに汚れを落とす効果も高いため、においを効果的に防ぐことが可能となります。

「弱酸性」と「弱アルカリ性」のどっちを使うべき?

女性の膣内は通常、弱酸性に保たれています。デリケートゾーンへの負担を抑えるために、専用の石鹸も一般的には弱酸性である場合が多いと思います。とはいえ、弱酸性の石鹸であれば何でもよいのかというとそうではありません。

 

洗浄力の強い弱酸性石鹸には要注意

洗浄力を高めるために、弱酸性の石鹸の多くにば合成界面活性剤が含まれていることが多くあります。合成界面活性剤には洗浄力を高める力がありますが、洗浄力を高めてしまうと、においの原因菌とたたかう善玉菌をも殺菌してしまう可能性があります。

 

一方の弱アルカリ性石鹸はどうでしょうか。弱酸性に保たれたデリケートゾーンの汚れは、弱アルカリ性によって落としやすいと考えられます。しかしながら、肌の弱い方ですと弱アルカリ性石鹸によっては弱酸性の石鹸よりも肌への負担が大きくなってしまうかもしれません。

 

洗浄には専用の石鹸を

ここで述べたように、弱酸性でも弱アルカリ性でも、その両者に長所と短所はあります。どちらがいいかは一概には言えない、というのが事実です。自分自身に合う石鹸を色々とためして探してみましょう。

 

おりもの洗浄用の専用石鹸は、成分バランスが考えられて作られたものですので洗浄には専用の石鹸を使うとよいと思います。

閉経後のおりものについて

女性は思春期に初潮を迎え、女性のからだとして成熟していきます。そして、ある程度の年齢になると月経は終わります。これは「閉経」と呼ばれます。閉経とともに、おりものの分泌もなくなるかというとそうではありません。

 

閉経によるおりものの変化

ある程度の年齢になり、生理が終わってもおりものは分泌されます。しかし、閉経後と月経時のおりものの分泌量は異なります。人によって分泌量には差がありますが、閉経後はだんだんと減っていく人がほとんどです。

 

閉経後に分泌量が減少する要因

おりものの分泌量は、年齢ではなく女性ホルモンと密接に関係しています。おりものの分泌に関する女性ホルモンの代表として、エストロゲンというホルモンがあります。

 

このエストロゲンと呼ばれるホルモンはある程度の年齢になり、月経が終わるころにはその活性はだんだんと低下します。エストロゲンの活性が減少するとおりものの分泌量もそれに伴い減少するのです。よって相対的に、加齢によっておりものの分泌量が減少するといえます。この、年齢とおりものの分泌量の関係の実態としては、女性ホルモンであるエストロゲンの活性の低下が関係しているのです。

 

閉経後のおりものの重要性

閉経するころになると、おりものの分泌量も減少していくため気にかけることも少なくなるでしょう。また、閉経をむかえるころの年齢になると、豊かな人生経験上、わずかな体の変化くらいでは気に留めることもないかもしれません。とはいえ、閉経後にもおりものの変化に注意を払うことは非常に重要なことなのです。

 

おりものの急な増加と関連する疾患

たいていの場合、閉経後は女性ホルモン活性も低下するため、それに伴いおりものの分泌量も減少します。しかし、月経が終わっているのにおりものの量が急激に増えてしまった場合、注意が必要です。

 

女性ホルモン活性は閉経をむかえるころには低下するということを考えると、ホルモン活性が低下しているのにもかかわらず、分泌量が増えることは異常であるといえます。このようにおりものの分泌量が急に増加した場合、体調の変化や何かしらの病気の兆候が考えられるかもしれません。

 

最も考えられるのは、感染症のひとつである「老人性膣炎」という疾患です。この疾患では、膣が炎症するためおりものの分泌量が増える可能性があります。そのほか、より重い病気ですと、婦人系器官のどこかしらに悪性腫瘍が発生した場合もこのようにおりものの分泌量が増える可能性があります。したがって、閉経後にもかかわらず、おりものの分泌量が増えてしまったときには、いま一度、自分自身のからだを見つめなおしたほうが良いでしょう。

 

健康の重要な指標であるおりもの

おりものの色やにおい、性状などの変化について気を配ることは20代や30代といった若い年齢から閉経を迎えるころのすべての女性において非常に重要なことです。

 

おりものの分泌量は20代〜30代で最も多くなり、閉経後はその量は徐々に減少します。どの年代の女性もおりものの変化に気を配ることは大事ですが、特に閉経後の女性においては分泌量のみならず、色やにおい、粘性などの性状にいつもと異なる変化が生じた場合、早急に病院で診てもらったり、検査を行ったほうが良いかもしれません。

産後のオリモノの臭いを改善

女性にとっておりもののにおいの悩みはつきものですが、特に出産後のおりもののにおいについて悩む女性は多いのではないでしょうか。出産後はおりもののにおいが強くなり、このようなおりものは「悪露(おろ)」と呼ばれます。

 

悪露の原因と対策について

赤ちゃんが産まれることは、新たな命の誕生でもあり素晴らしいことです。しかし、出産において、母である女性の負担はとても大きいものです。悪露もそうした出産の代償といってもいいかもしれません。

 

出産では子宮は傷つき出血することもあります。このような出血や子宮の細胞が剥がれ落ち、おりものとともに分泌されるのが悪露です。つまり、悪露のにおいは一般的に血のようなにおいがします。これは、出産後に約1ヶ月かけて自然になくなっていくため、特に心配することはないでしょう。

 

なかなか悪露が消えない場合には病院で診てもらうとよいと思います。しかし、悪露がおさまった後もなかなかおりもののにおいは消えません。

 

悪露後のおりもののにおいと対策

出産後自然に悪露は消失しますが、おりもののにおいは出産前と同じではなく強くなってしまったと感じる方は多いです。この悪露後のおりものの原因や解決方法は以下の通りです。

 

においが強くなる原因

女性の膣内環境は、ホルモンのバランスによって保たれています。このバランスが崩れてしまうと、膣内環境が悪化し、細菌性膣炎になってしまいます。細菌性膣炎は膣に炎症がおこった状態で、これはにおいの原因菌でもある細菌によるものです。したがって、おりもののにおいも強くなってしまいます。

 

細菌性膣炎は、出産後の女性だけでなく、女性ならば誰でも発症することがあります。風邪や病気をしたり、体の抵抗力が弱まってしまうと、膣本来がもつ洗浄能力が低下してしまうため、結果として細菌性膣炎になることがあります。特に出産後は、母体の負担は大きいので細菌性膣炎になりやすく、これによりおりもののにおいも強くなってしまうのでしょう。

 

強いにおいのおりものへの対策

出産後のおりもののにおいに対して効果的な方法について説明します。まずは、過度の洗いすぎを避けるということです。これは水のみの洗浄でも、石鹸による洗浄でも禁物です。

 

一般的には水だけで洗浄することがよいとされていますが、水のみの洗浄では完全ににおいの原因となる菌を除去することはできません。かといって、洗浄力の強い石鹸等による洗浄を行ってしまうと、善玉菌まで殺菌してしまいます。この善玉菌はにおいの原因菌と闘ってくれるため、殺菌してしまうとさらににおいが強くなりかねません。

 

それではどのような対策がおりものの嫌なにおいに対して効果的かというと、専用の膣洗浄剤での洗浄です。産婦人科での膣洗浄でも専用の膣洗浄剤が使用されています。このような膣洗浄剤は、最初に膣内の崩れたバランスを立て直すため、最も安全で効果的な道具となっています。

オリモノが水っぽいのはなぜ?

一般的には、おりものの性状は少し粘性のある水様であるといえます。水様といえど、その性状は様々で、場合によってはより粘性の少ないさらさらとした本当に水のようなおりものの場合もあります。

 

おりものの水分量の変化

おりものの変化で気になるのは、水のようにさらさらとした状態よりもどちらかというと、ゼラチン状の塊のおりものだと思います。水のようなさらさらとしたおりものについては気に留めない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このようなさらさらとした水っぽいおりものでも、何らかの兆候となっていることも考えられますので普段と違う場合には注意することが必要です。

 

卵胞期のおりもの

卵胞期とよばれる、卵子が新たに作られて成熟する過程があります。この卵胞期のおりものは、一般的に水のようにさらさらとしたものになることが多いといわれています。これは病気などではなく、自然に体におこることなので、さらさらとした水のようなおりものが生じても心配することはないでしょう。そのうち、元にもどると思います。

 

妊娠初期のおりもの

上記で述べた卵胞期以外に、水のようなさらさらとしたおりものは妊娠初期に生じることがあります。このとき、おりものの量も多くなるといわれています。

 

水のような粘性の低いおりものが生じたからといって、妊娠したとは一概には言えませんが、体に起こっている他の変化(生理がこない、基礎体温が高い日が3週間以上も続いている、など)といった一般的に妊娠初期の兆候といわれている変化もあれば妊娠している可能性が高いかもしれません。こうした兆候が見られる場合は病院での検査をおこなったほうがよいでしょう。

 

考えられる疾患

粘性の高いゼラチン様のおりものであれば、何らかの病気を疑ったり気になる方も多いと思いますが、水のようなさらさらとしたおりものだと気にならずそのままにしてしまう方もいるかもしれません。しかしながら、病気の兆候は粘性の高いゼラチン様、固形状のおりものだけとは限りません。水のようなさらさらとしたおりものでも病気の兆候になっていることがあるのです。

 

クラジミア頸管炎とおりもの

おりものが水のようにさらさらとしたものになる疾患として考えられるがクラジミア頸管炎です。この疾患ではおりものの量も増えます。

 

おりものの量には個人差がありますが、膣内から流れ出るくらいのおりものの量は明らかに異常です。クラジミア頸管炎では、このようなおりものが大量に分泌されます。場合によっては、おりものの色が茶色っぽくなっていることもあります。これは血液が混じっていることが考えられます。クラジミア頸管炎は自覚症状がない場合が多いため、このような色のついたサラサラとしたおりものが大量に分泌されている場合は、知らず知らずのうちに病気が進行しているかもしれません。

 

おりもの以外にも、下腹部痛や発熱を伴う場合もあります。早急に病院で診てもらい、抗生物質投与など適切な治療を施してもらいましょう。

 

トリコモナス膣炎とおりもの

クラジミア頸管炎のほかに、水のようなおりものが生じて考えられる疾患は、性感染症であるトリコモナス膣炎です。こちらは、色やにおいにも変化が生じます。黄みがかって、においも強いためわかりやすいといえるでしょう。トリコモナス膣炎は、感染性が非常に強い疾患でもあります。二次感染を防ぐためにも、このようなおりものがみられた場合は早急に病院に行きましょう。

 

ここで説明した疾患以外にも、子宮体がんなどの疾患の兆候としてもこのようなおりものが生じる可能性がありますので、粘性の高い固形状のおりものじゃないからといって油断しないように注意してください。

固まったオリモノは何のサインなの?

おりものの色やにおい、性状などには個人差がありますが、一般的にはその性状の主成分は液体で、粘度はゼラチン様になっていることが多いと思います。しかしながら、まれに固形状のおりものが生じる場合もあります。

 

固形状のおりものの分泌

おりものはさらさらとした水様のものから粘度の高いゼラチン様のものまで様々な性状があります。このように性状に差が生じるのはその水分量が異なるからです。粘度が高く、より固形状のおりものになることもあります。ゼラチン様のおりものはこのような固形状のおりものと水様のおりものの真ん中あたりに位置するといえるでしょう。

 

固形状に分泌されたおりもの

粘性の高いゼラチン様のおりものは、しばしば固形のかたちで分泌されることがあります。排卵期にかけて粘度は高まるため、このようなかたちで分泌されることがあるのです。

 

通常のおりものは、触ってみると糸をひくような形でのびます。このようなおりものは乾きやすくなっています。排卵期にかけて女性ホルモンの作用が大きくなってくると、このような糸をひくようなおりものが分泌されます。

 

一方、固形状のかたちで分泌されるおりものは、こういったおりものが乾燥してしまい、固形物になって膣内から分泌されることによるものが考えられます。この場合は、特に病気ではないので気にすることはないでしょう。しかし、固形のおりものが病気の兆候となっていることもあるため注意が必要です。

 

病気を疑うようなおりもの

病気によっては、固形状のおりものを生じる場合もあります。特徴的な固形状のおりものについては以下の通りです。

 

白濁したおりものの塊

細菌性疾患であるカンジダ膣炎もそのひとつです。この疾患は、膣内の常在菌であるカンジダ菌によって発症するものであり、性交渉によって感染することもあれば、体自体の抵抗力が落ちて自然発生的に発症することもあります。この場合のおりものは、白濁したボソボソとした固形状のおりものが生じます。風邪を引いている場合など、体調が悪かったり抵抗力が落ちてしまうと、カンジダ膣炎を発症してこのようなおりものが生じることがあります。

 

黄みがかっており、においの強いおりものの塊

黄みがかり、においの強い固形状のおりもので疑われるのは子宮頸管炎です。この疾患では、液状のおりものも生じることがあり、固形状でも液状でも色は黄みが強くなり、においも強く感じることが多いです。

 

子宮頸管炎によるおりものの異常だと、液状や固体状、形状に関してはどちらも考えられるため、色やにおいで判断することが重要です。子宮頸管炎は進行性の感染症のため、放っておくと悪化し、おりものはより強い粘性のある膿状になり、においもかなり強くなります。おりもの以外の兆候としては下腹部痛や不正出血も生じる可能性があります。

 

おりものの異常は疾患の兆候となっていることもありますので、おりものが普段と違うと感じ、改善もしないようであれば、早急に病院で診てもらったり検査を行ってもらったほうがいいでしょう。

出血を伴うオリモノを考える

おりものは微妙な体調の変化によって、その分泌量や色やにおい等の性状が変わります。分泌量は増加するだけでなく、減少することもあります。また、色やにおいなどの性状についての変化も重要で、粘性が増したり、においが強くなったりすることもあります。その中でも特に、おりものの色の変化については異常かどうかを判断する重要な指標といえるでしょう。

 

異常が考えられるおりものの色

通常、一般的におりものの色は無色透明ですが、場合によっては体調の変化やそのほかホルモンの影響を受けて色に変化が生じることがあります。白く濁ったように変化する場合や、黄みがかったように変化する場合もあるでしょう。この場合は基本的には心配することはないと思います。一方で、以下に述べる変化がある場合は少し注意してみたほうがよいかもしれません。

 

注意すべき茶色やピンク色のおりもの

体調やホルモンの影響によっておりものの色が変化する場合はありますが、茶色やピンク色の場合は、出血が混じっている場合が考えられます。したがって茶色やピンク色におりものの色が変化した際は注意すべきでしょう。

 

重要なのはこの変化が何らかの「病気」によるものだった場合です。婦人科系の疾患には出血を伴う病気もあります。この場合、不正出血とよばれるイレギュラーな出血が生じることもあるため、おりものに血液が混じり、色が茶色やピンク色に変化することが考えれます。

 

病気以外の要因でも、生理などの血液が混じったり、外的な傷等が原因でおりものに血が混じったりする場合にもこのような色になることがありますのでその際は心配はあまりいらないかもしれません。ただし、外的な傷等の場合でも処置をする必要がある場合がありますので注意してください。

 

不正出血の要因

不正出血とよばれるイレギュラーな出血が生じる場合、おりものは茶色やピンク色に変化することがあります。このような不正出血がみられるものとして、いくつか考えられる病気があります。最も多いものが子宮頸がんです。子宮頸がんは依然と比べると若い世代の女性が罹患する傾向が近年増えてきています。したがって、20代後半の女性でこのような不正出血が確認された場合は注意する必要があるでしょう。

 

子宮頚がん以外にも、細菌性疾患であるクラミジア性頸管炎という病気でも不正出血はみられます。この病気は、不正出血のほか、性交痛や腹痛といった兆候が表れる可能性がありますのでその兆候にも注意を払う必要があります。

 

異常ではないおりもの

上記では、異常なおりものと考えられる注意したほうがよい場合について説明しましたが、茶色やピンク色のおりものでも異常ではない場合もあります。血液が混じってしまうとおりものの色に変化がありますが、生理が終わりに近づくときにもおりものに血液が混じることがあります。この場合、心配することはないでしょう。生理が終わったと感じていても、膣内に残った血液がおりものに混じって出てくることがあるのです。

 

他にも病気以外で血液がおりものに混じる場合があります。人によっては、排卵時に血液を生じることもありますが、この場合も特に心配することはないでしょう。

 

歳とともに、自分の体のことを把握し異常かどうかの判断はつきやすくなります。しかしながら、場合によっては病院で検査を行ったほうがいいこともありますので、いつもと違うなど気になることがあった場合には検査を行いましょう。普段からおりものの色やにおい、性状等の変化には気にかけてみたほうがよいと思います。

おりものの臭いとSEXの関係

男性の場合ほとんど感じることはありませんが、女性の場合、SEXのあといろいろと身体に異変を感じることがあります。やはり女性は男性よりもデリケートであると言われますし、また事実デリケートゾーンにいろいろな異変が起こることもあるでしょう。

 

 

SEX後に変化するオリモノのニオイ

SEX後に女性のデリケートゾーンに何らかの変化が見られることがあります。もちろん何もない場合のほうが多いとは思いますが、男性とちがって女性の場合、アソコに何らかの変
化が起こったとしても、それほどあわてるようなことではない場合が多いです。

 

オリモノのニオイが強まっても異常とは限らない

女性がSEXした後、分泌されるオリモノのニオイがきつくなったといった経験をされた人は意外と多いと思います。もともとオリモノは、女性の膣分泌液や、子宮やその周辺の古い
細胞が剥がれ落ちたその残滓のようなものですから、まったくの無臭ということはありません。

 

また、女性器は意外と汗腺がたくさん分布しているため、汗の分泌が多い部位でもあります。バルトリン腺からの汗の分泌ならまだしも、ニオイの強いアポクリン腺から分泌する
汗もありますし、もちろん皮脂腺から分泌する皮脂もオリモノには含まれますので、どうしてもニオイが強くなることが多いです。

 

 

ということは、オリモノの量が多くなればなるほど、それだけニオイが強くなる可能性が高いということになります。たとえば、水に薄めたお酢も1滴だけならほとんどニオイはしないものの、たくさん滴下した布からはかなりすっぱいニオイがただよってくることになります。これと同じことがいえます。

 

SEXのあとオリモノのニオイが強くなるように感じられるのも、実はこのことと似ています。つまり、SEXのあとはオリモノの分泌量が増える傾向にあるのです。SEXの際には、個人差は多少ありますが、やはり女性器はかなり湿るのがふつうで、これはオリモノの分泌とも連動した傾向を見せます。

 

つまり、性行為による刺激で、オリモノの分泌量が多くなりやすいのです。したがって、どうしてもオリモノのニオイがきつくなったように感じられるのです。SEXのあとにオリモノのニオイがきつくなったように感じたとしても、それが即性病などの病気であると決めてかかる必要はないのです。

 

 

SEX後のオリモノの異変で注意すべき点

上でお話したとおり、SEXのあとにオリモノのニオイが変化するのはよくあることです。ですから、SEX後のオリモノのニオイの変化に関しては、他に大きな異変がないという前提で、
そこまで気にする必要はないと言えます。

 

ただし、気にしなければならない異変もあります。それは、SEX後のオリモノに血が混じるというケースです。SEX直後のオリモノに血が混じるケースでは、もしかしたら膣のどこかに傷がついている可能性があります。膣は細菌の宝庫ですから、傷がつくことによって傷口から細菌が入り込んでしまうリスクがあります。

 

 

また、SEX後のオリモノに混じる血は、何か重篤な病気のサインになっている可能性も否定できません。中でも最も怖いのが、子宮頸がんです。子宮頸がんの場合、SEX後のオリモノに血が混じることも十分考えられますので、場合によっては病院で検査してもらったほうがよいかもしれません。

 

もちろん、生理の始まりや終わりなどでも、SEX後のオリモノに血が混じることもありますので、それが病気や何らかのトラブルによるものであるか否かの判断はけっこう難しいものがあります。

 

オリモノのニオイや血の混入の有無以外に、何か情報をキャッチするよう注意するスタンスは重要です。